だんだん会社で話しかけてもらえなくなって、居心地が悪い人②

だんだん会社で話しかけてもらえなくなって
居心地が悪くなってしまう人の特徴の1つに

【質問に対する答えが微妙にずれてる】について
どんなふうにズレているのかを記事にしました。→前回の記事

このようなズレが起こるのはなぜなのでしょうか?

おそらくBさんは
「質問」の後ろ側にある「事情や感情」を読み取るのが
苦手なのでしょう。

【お寿司好き?スシローの割引券あるんだけど】
の質問の後ろ側にある事情は
「スシローの割引券があるので、寿司が好きなら行く?」なのですが

Bさんは
寿司が好きかどうかの質問された

寿司=かっぱ寿司と連想した

「かっぱ寿司が好きです」
と反応してしまっています。

Bさんにとっては、寿司が好きかどうか聞かれたんだから
好きかどうかを答えればいいと【脳が反応】しているんですね。

また
【コーヒーを入れながらAが「Bさんコーヒー飲む?」】
の質問の後ろ側にある事情は
「今コーヒーを入れているので、Bさんも飲むならついでに入れてあげようか?」
なのですが

Bさんは
コーヒーを飲むかどうかを質問された

コーヒーは飲まない。飲むなら紅茶だ

「紅茶派です」
と反応してしまっています。

Bさんにとっては
Bさんがコーヒーを飲むかどうかを聞かれたんであって
今、この場でコーヒーを飲みたいかを聞かれたのではない
と【脳が反応】しているんですね。

おそらく
この記事にたどり着いている人は
相手の気持や事情を考えたくない、わかりたくないわがままな人
ではなく
考えているしわかりたいと誰より思っているのにわからない人
なのではないでしょうか。
でもそれは、
人の気持ちをわからないのではなく
【わかる】よりも【反応】の方がはやく口に出てしまっているだけかもしれません。

悪気がない分、一朝一夕で改善は難しいですが
【反応】してしまうことを自覚して、意識的に
「なぜ・いま・その質問をしたのか」を考えてから答えるくせをつけることで
少しずつでも改善されると思います。

一度でうまく行かなくても気にしないで
癖になるまでやり続けることが大切です。

今の会社を最後にするため、次の転職を最後にするため
問題に取り組んでみませんか?→ご予約はおとな塾
会社で孤立
キャリア・カウンセリング、コンサルティングは、大阪天王寺のおとな塾へお越しください

よろしければ、Facebookページにも「いいね!」をお願いします。