だんだん会社で話しかけてもらえなくなって、居心地が悪い人①

だんだん会社で話しかけてもらえなくなって
居心地が悪くなってしまう人の特徴の1つに

【質問に対する答えが微妙にずれてる】
があります。

質問に対する答えが、大幅にずれていると
面接や面談の練習などで指摘されたり
友人や家族から突っ込んでもらえたりもするでしょう。

しかし
間違ってはいないんだけど答えになっていない時や
質問者が意図しない帰着点だった場合は
「違和感」「不快感」だけが残り
お互いに「なんとなく」居心地が悪い関係になったり
「なんとなく」もう話しかけないでおこうと思われたりすることがあります。

では、
どんな風に微妙にズレるのか事例をあげます。

***例1
A「お寿司好き?スシローの割引券あるんだけど」
B「かっぱ寿司が好きです」

Aの問に対してBの回答が間違いとはいえないけど
微妙にずれているのがわかるでしょうか?

Aさんの求めていた回答は
「お寿司大好きだよ」
「ごめん。お寿司苦手なんだよ」
のどちらかなのです。

Bさんの「かっぱ寿司が好きです」は
寿司は好きだという回答なのか
スシローに行きたくないという意味なのかがわからないので困ります。

拒否されているなら、それ以上突っ込むのも野暮ですし
寿司は好きだが、かっぱ寿司に行きたいという希望なら
割引券を使ってスシローに行こうと思っているAさんにとっては負担です。

そこで、もう誘わないでBさんのことはスルーしよう
と思ってしまうのです。

他にも、会社の中でよくある例では

***例2
コーヒーを入れながらAが「Bさんコーヒー飲む?」
B「紅茶派です」

Aの問に対してBの回答が間違いとはいえないけど
微妙にズレている上に感じが悪いのがわかるでしょうか?

Aさんの求めていた回答を感じ良く表現すると
「ありがとうございます。飲みます」か
「ありがとうございます。でもコーヒー飲めないんです」
のどちらかなのです。
(余談ですが、人間関係のポイントとしては、
 言いっぱなしではなく、近くに行って手伝う素振りを見せることです)

Bさんの「紅茶派です」発言は
Aさんにコーヒーではなく紅茶を入れろと命令しているのか
と誤解を与えます。

BさんがAさんを拒否しているのでも
偉そうに自分の好みを押し付けようとしているのでもないのですが
残念ながら
質問に対する回答が微妙にズレていることで
「もう話しかけないでおこう」
「もう誘わないでおこう」という気持ちを持たれてしまうのです。

悪気はないのに、残念ですね(;_;)

では、このようなズレが起こるのはなぜなのでしょうか?
それについては、また次回の記事でご紹介いたします。

思い当たることがあれば、おとな塾にご相談ください。
話しかけてもらえない
キャリア・カウンセリング、コンサルティングは、大阪天王寺のおとな塾へお越しください

よろしければ、Facebookページにも「いいね!」をお願いします。