感覚過敏や感覚鈍麻による うつ症状や自傷行為:おとな塾

感覚過敏や感覚鈍麻による症状や行為

感覚過敏や感覚鈍麻という言葉を聞いたことはありますか?
ある感覚が一般的レベルより過敏であったり鈍感であったりすることです。

感覚というのは、視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚などです

例えば
平均的にはちょうどいいと思われる明るさの部屋なのに眩しくて眼がチカチカする
平均的にはいい香りと思われる匂いなのに頭が痛くなるほどキツく感じる
平均的には痛いと感じるケガなのに平気
平均的には辛いと感じる料理なのに平気

などが、感覚の過敏や鈍麻の例です。

発達障がいの1つの特徴のように語られることが多いのですが
定型発達でも、感覚の過敏や鈍麻はあります。

この感覚過敏や感覚鈍麻が原因で
うつ病のような症状(眠れない、疲れが取れない、イライラする)が出たり
自傷のような行為(爪を噛む、毛を抜く、血が出るまで掻く)をしたり
することがあります。

感覚は、他人と比べようがないので
自分に感覚過敏や感覚鈍麻があることを知らない方も多いです。

特に感覚過敏は、
原因不明なのに、うつに似た症状が出ることがあるので
自己理解が必要です。

他人と比べようがないので、自分では気づきにくいのですが
もし、
「最近、気分が落ち込んでいるし、寝ても疲れが取れない」
「でも、特に原因は思い当たらない」
と言う時は、もしかしたら感覚過敏が原因かもしれません。

1人で悩まずに、おとな塾へご相談ください。⇒ご予約は こちら

photo by Luxt Design

余談ですが
私には触覚過敏と鈍麻があります。
それに気づいて対処した結果、なぜか、長年止められなかった爪噛みが治りました。
仕事や家庭のストレスが原因の癖ではなく、触覚過敏による反応だったのです。
特に爪を噛まずにいられないほどのストレスはないのに、
爪噛みがやめられないなら、触覚過敏や鈍麻のせいかもしれませんね。

よろしければ、Facebookページにも「いいね!」をお願いします。