カテゴリー別アーカイブ: ・転職の悩み

おとな塾の転職のご相談事例です

転職相談:お客様の声:おとな塾

個人のお客様から頂いた声の中から、
ご許可を頂いたものを公開します。
(個人情報などは編集しております)

*****受講者の声*****
【転職相談:30代後半】
カウンセリングいただいたおかげで、
いつも程に緊張せず、二次面接を乗り切ることができました。
先日、希望していた転職先より内定通知がありました。
ミネ先生に心より感謝いたしております。

【転職相談:20代】
なんとなく感じていた不安や問題を先生に言葉にしていただけたおかげで、
はっきり自覚ができました。
また、自分の短所だと思っていたことを、
ポジティブに表現すれば長所になると言っていただけて、うれしかったです。
すごく真剣に話を聞いてくれて、とても話しやすかったです。

【転職相談:40代】
なにか1個くらいあればいいかなくらいの気持ちで相談にきたが、
話しているうちにどんどん聞きたいことが増えて
時間がまったく足りなかった。
自分でやってみて困ったらまた予約します。

**************ありがとうございました。

おとな塾の転職相談は、
実際に転職活動をするだけでなく
「転職するってどうだろう?」
「将来のことを考えたら、転職するべき?」
と迷っておられるかたにも、効果があります。

「転職成功」も「転職しないで今の仕事をがんばる」も
あなたの幸せ中心で、一緒に考えましょう。→ご予約


photo by cruelnovember

よろしければ、Facebookページにも「いいね!」をお願いします。

40代男性、異業種の未経験職種で採用 :キャリア・カウンセリングおとな塾

おとな塾のキャリア・カウンセリング成功事例です。
現在お勤めの会社の経営方針とあわないため転職を希望する
40代の男性(Aさん)が、異業種の未経験職種で採用されました。

「内定がでた」とご連絡をいただくまでの期間は、12日間。
支援内容は、対面相談2回、メール相談1回です。

初回面談では、
エントリーの段階でつまづき、面接に進めないとのご相談でした。

ミネが感じたAさんの転職活動がうまく行かない理由は
「応募先の選定にあたって、自己理解と職業理解ができていない」
「職務経歴書がまっくろくろすけ」の2点でした。

真面目で一生懸命な人に多いのですが
すべて正確にちゃんと書き込もうとして
でも、2ページ程度に納めようとして、がんばった結果
非常に読みづらい職務経歴書を作ってしまうのです。

遠目に見ると真っ黒にみえる職務経歴書
=まっくろくろすけな職務経歴書です。

そこで
初回のキャリア・カウンセリングの流れとして
まず
Aさんの希望や達成したいこと、モチベーションの核となる部分を
しっかりとお聴きしました。(自己分析)
その後
応募先の選定のしかたとレクチャーしました。(職業理解)
さらに
職務経歴書を見やすくする方法をお教えしました。

すると
立て続けに書類選考が通り、面接の予定が多数入ったと
Aさんからご連絡がありました。

そこで、2回めのキャリア・カウンセリングでは
面接の受け答えを面接官目線で組み立てました。

その後、メール相談で
第一希望の面接の前に、志望動機などの見直しを行いました。

メール相談の2日後、「内定がでた」とご連絡をいただきました。

Aさんの転職成功の決め手は
【ご自分の経歴のストーリーに気づいた】ことです。
素晴らしい経歴をお持ちのAさんなのですが
一見、場当たり的に見えるご自分の経歴に自信が持てず、
そのせいで自分の選択や感情にさえも確信が持てずにいるようでした。

自分の職務経歴を社歴としてだけ見るのではなく
自分がどんな選択をしながら、経験を積み重ねて来たのかという視点で見直してみると、
かならずそこにあなたというストーリーが存在します。

これまでのストーリーを、これからも続けていくための仕事と考えれば
応募すべき、応募したい案件がきっと見つかります。
また、
1つのまとまりあるストーリーは、自信を持って語れますし
面接官に違和感を抱かせることも少なくなります。

自己分析や職業理解は学生だけがするものと思っていませんか?

実は「自分が何をしたいのか」「どんなことにやりがいを感じるのか」
がわかっていない人は、年齢にかかわらずとても多いのです。
また、自分の会社で自分がしていた仕事はよくわかっているが
職種や業界として捉えたときに、職業理解が足りない人も多いです。
むしろ、
高年齢ほど「わかっているようでわかっていない人」は増える気がします。

いまさら・・・と思わずに、自己分析と職業理解をいたしましょう。

Aさんに、おとな塾のキャリア・カウンセリングについての
アンケートにお答えいただきました。

***本人の許可を得て、原文ママ転載***
Q①
おとな塾のサービスはお役に立ちましたか?
A①
とても役に立った

Q②
おとな塾でサービスをご利用いただいたことで良かったことはありますか?
A②
自分自身のことを客観的に見ていただき、ネガティブで落ち込んでいる私の話を聞いてもらい、
励ましてもらった事。
キャリアチャンジするに当たっての考え方。

Q③
おとな塾のアドバイスで印象に残っている(役に立った)ものを教えてください。
A③
面接の際に答える時の退職理由の考え方(入社理由と退社理由をセットに考える)
志望動機の考え方
職務経歴書の記入方法

Q③
また機会があれば、利用したいと思いますか?理由もお聞かせくださいませ。
A③
ぜひ使いたい。
自分自身のことを客観的に見ていただき、落ち込んでいる私を励ましてもらえた。
転職活動で行き詰ってきたら、また利用したい。

Q③
今後、おとな塾に期待するサービスは何ですか?
A③
転職支援、会社に入ってからの定着支援

Q③
おとな塾のサービスを誰かにすすめるとしたら、どんな人にススメたいですか?
A③
転職活動で行き詰っている方
物事をネガティブに考えてしまっている方

******以上転載終わり******

がんばっているのに就職が決まらないとき、どうがんばっていいのかわからないときは、
大阪天王寺のキャリア・カウンセリング、コンサルティング おとな塾へお越しください。
一緒に考えましょう。→ご予約はこちらから

Photo by Jack Batchelor

よろしければ、Facebookページにも「いいね!」をお願いします。

試用期間後、本採用での待遇アップのためのテスト

転職支援をさせていただいたAさんから、入社後に相談がありました。

「もうすぐ試用期間から本採用になるんだけど
テストをクリアしたら、管理職待遇で本採用って言われた」

テストの内容は
「新しいキャンペーンを考えること」

Aさんは、前職の経験を活かして転職されたので
お仕事内容は、よく分かっておられました。
しかし、
業界が違い、ターゲット顧客もまったく違うため
一人で考える限界を感じ、相談にお越しになりました。

そこで一緒にブレイン・ストーミングをした後
他業界のキャンペーンで参考にできるものはないかを検討しました。

転職したところで、同僚もおらず、
失敗したら本採用自体もどうなるのかと不安な面持ちのAさんでしたが
80分の面談の後には、清々しい顔でお帰りになりました。

本来は、試用期間そのものが本採用のためのテストなので
本採用のための試験が別途あることは少ないと思います。
Aさんのケースも、本採用に際してのテストと言うよりは
Aさんの処遇(役職や給与)をアップさせるためのテストであったと思われます。

それでも、転職したばかり
しかも30代以上の転職となれば
なかなか転職先で「わからない」「できない」などの
弱音や弱みを見せることは、勇気がいることですよね。

おとな塾では
就活転活だけではなく、働くことに関するご相談を何でも承っています。

自分で自分を追いつめてしまう前に
せっかく入った会社で居心地が悪くなる前に
どうぞ、
おとな塾にご相談くださいませ→ご予約はおとな塾
管理職へのステップアップテスト おとな塾
キャリア・カウンセリング、コンサルティングは、大阪天王寺のおとな塾へお越しください

よろしければ、Facebookページにも「いいね!」をお願いします。

面接が怖いという30代女性が一般事務職で採用:キャリア・カウンセリング おとな塾

おとな塾のキャリア・カウンセリング成功事例です。
現在お勤めの会社の経営状態が悪く転職を検討しているとお越しになった
アラサー女性(Aさん)が、一般事務職で採用されました。
待遇は、前職より良くなり月給も2~3万円UPしました。

転職を検討していると言いながらもAさんは、
【面接が怖い】からと、なかなか転職活動に取りかかれないようでした。
そこで、まず履歴書・職務経歴書を作りながら
心の準備をしましょうと言うことになりました。

3回のカウンセリングで履歴書と職務経歴書が完成した後
次は模擬面接しましょうとお約束していたのですが、
2週間ほどAさんのご予約がありませんでした。

お盆前でお忙しいのかと思っていたところ
「内定がでた」とご連絡をいただきました。
転職支援が始まってから、面談回数は3回です。

キャリア・カウンセリングの流れは
Aさんが、ご自身の経験をネガティブな感じで話したり書いたりしたものを
ミネが、ポジティブに言い換えたり、書き換えたりするというものです。

Aさんの転職成功の決め手は【ご自分の経歴に自信を持った】ことです。
それまでご自分の経歴に自身が持てず面接が怖かったAさんですが
出来上がった履歴書・職務経歴書を眺めながら
「これだったら、見てくださいって自信をもってだせるな」
と思ったそうです。
そこで、早速応募し、約2週間でのスピード転職を成功させました。

職務経歴書をポジティブな表現で書き換えることで
「見せたくなる職務経歴書」を作ることができたのです。

職務経歴書にはポジティブな表現を使っていますか?
実は、職務経歴書や面接での受け答えがネガティブで構成されている人は
とても多いのです。
就職・転職の準備がポジティブにできていないと、就職は決まりにくいです。
過去は変えられませんが、表現は変えられます。
ネガティブな表現に縛られず、ポジティブな表現を使いましょう。
Aさんに、おとな塾のキャリア・カウンセリングについての
アンケートにお答えいただきました。
***本人の許可を得て、原文ママ転載***
Q①
  カウンセリング施設がたくさんありますが、その中で
  「おとな塾」をお選びいただいたのはなぜですか?
A①
 「職業カウンセリング」「大阪」で検索した時にトップに出てきたので。

Q②
  おとな塾でサービスをご利用いただいたことで良かったことはありますか?
A②
 ハローワークで相談に乗ってもらうより、はるかに説得力のあるお話をしてもらえた。
 職務経歴書の添削をしてもらったことで、すごく前向きな気持ちになり、
 すぐに面接→内定をいただけた。
 ミネさんに相談することでモヤモヤとしていたものや、問題点が明確になり、
 すっきりできた。
 ミネさんの明るい笑顔に癒やされました。

Q③
  おとな塾のサービスを誰かにすすめるとしたら、どんな人にススメたいですか?
A③
 転職活動で悩んでいる人に、ぜひおすすめします!

******以上転載終わり******

がんばっているのに就職が決まらないとき、どうがんばっていいのかわからないときは、
大阪天王寺のキャリア・カウンセリング、コンサルティング おとな塾へお越しください。
一緒に考えましょう。→ご予約はこちらから

面接が怖いという30代女性が一般事務職で採用

面接が怖いという30代女性が一般事務職で採用

よろしければ、Facebookページにも「いいね!」をお願いします。

40代男性持病ありブランク5年が事務職正社員で採用

おとな塾のキャリア・カウンセリング成功事例です。

1年以上、失業状態だったアラフォー男性(Aさん)が、事務職正社員で採用されました。

飲食やサービス系職種では、求人が回復しているようですが
特別な資格や専門知識を要しない事務系職種は、まだまだ厳しい状況です。
その中でも
市内の事務職は、倍率200倍を超える案件もある人気職種です。
そんな人気案件に、
持病があり5年弱ブランクのある40代のAさんが採用されたのは、
「希望」と「経験」と「応募先」をしっかり一致させたからです。

初回面談では、希望職種を「営業職」とお答えになったAさんですが
過去の経験をお聞きすると、営業経験はほとんどなく、事務系専門職を長くしておられました。

希望職種:営業
経験職種:事務系専門職

ミネ 「希望職種が営業になっていますが、どうしてですか?」
Aさん「男40代で採用の可能性があるのは営業くらいと思って」
ミネ 「なるほど。では、なんでもできるとしたら何がしたいですか?」
Aさん「元の仕事(事務系専門職)にもどりたい(´Д⊂ヽ」

ミネ 「どうして戻らないのですか?」
Aさん「職種的に体力がないとできへんねん(T_T)」

ミネ 「元の仕事のどんなところが好きでしたか?」
Aさん「お客様の要望を聞いて最適なサービスを提供するのも、内容を考えるものも好きだし得意だから」

ミネ 「達成感あるし得意だしやりがいのあるお仕事だったんですね」
Aさん「うん・・・。すごく好きだった」

ミネ 「わかりました。では、それを希望職種にしましょう」
Aさん「え!だから体力的に無理だって∑( ̄□ ̄;) 」

ミネ 「元の仕事へ復帰は無理でしょうね。でも、お客様の要望を聞いてサービスを提供するのが
    得意なところを活かした仕事は見つかりますよ」
Aさん「それは、営業じゃなくて?」

ミネ 「はい。だって、営業の経験殆どないのに、
    営業経験豊富な他の人とどうやって競えますか?しかも、やりたいことは他にあるのに」
Aさん「え・・だって無理やろ。40代の男が事務職なんか」
ミネ 「Aさん営業は嫌じゃないんですよね?」
Aさん「うん。一応希望職種って言ってるくらいだからね」

ミネ「パソコン使える営業さんはたくさんいるけど、営業を嫌がらない事務職の人はすくないですよ」
Aさん「∑( ̄□ ̄;) 」

ミネ 「事務が得意な営業で応募するより
    営業が得意な事務職で探したほうがAさんの希望は叶いませんか?」
Aさん「ヽ(^o^)丿」

ということで、職務経歴書を大幅に書き直し、志望動機を見直し応募先の探し方を一新しました。

持病の事を職務経歴書に記載したいというAさんと
「書く必要はない(‐公ー) 」というミネとの攻防で時間がかかりましたが
3ヶ月後には、みごと市内の事務の正社員で採用が決まりました。
希望と経験と応募先が一致していて当たり前と思っていませんか?
実は、この3つが一致していない人は、とても多いのです。
この3つが一致していないと、就職は決まりにくいです。
もしくは、就職しても早期離職やストレスからくるメンタル不調になりやすいです。

就職するためには現実を見ていただくことが必須です。
しかしあきらめる前に、
希望を現実にマッチングさせることを、考えてみましょう。

がんばっているのに就職が決まらないとき、どうがんばっていいのかわからないときは
大阪天王寺のキャリア・コンサルティング おとな塾にご相談くださいませ。

40代男性持病ありブランク5年が事務職正社員で採用

40代男性持病ありブランク5年が事務職正社員で採用

よろしければ、Facebookページにも「いいね!」をお願いします。

エゴグラムで長所発見!ほめいあい講座

就労支援施設で「エゴグラムで長所発見!ほめいあい講座」をさせていただきました。

当該週等支援施設は利用者の障がい内容が多岐にわたっている上に
社会経験が少ない人も多いと伺ったので
選択肢を少なくした簡易Verのエゴグラムを使用し、ワークの時間を長めに取りました。

講座中も休憩時間も終了後も
たくさんの方が積極的に質問や意見をくださって、とても楽しい講座になりました。

受講生の皆様の感想を一部ご紹介します。
「最後まで集中できた」
「自分の長所・短所を発見できた」
「エゴグラフが自分の特徴に当たっているので楽しかった」
「今の状況を把握できてよかった」
「面接で話す内容に活かしていきたい」
「長所・短所のエピソードが思い浮かばなかった」
「履歴書に書けることが増えた」
「自分の短所がズバッと当たったので、今後意識してカバーしていきたい」

支援の方からも
「朝一の講座では、いつもは眠そうな受講生がいるけど、今日は全員楽しそうだった」
とのお言葉をいただきました。

おとな塾のエゴグラムは
対象者に合わせて項目の内容や数、集計方法を変えることで
幅広い年令、経験のかたにご利用いただけます。
自己分析、人間関係改善、コミュニケーションスキルアップ、配置決定にも使える
おとな塾のエゴグラムのお問合せは→

ほめあい エゴグラム
キャリア・カウンセリング、コンサルティングは、大阪天王寺のおとな塾へお越しください。

よろしければ、Facebookページにも「いいね!」をお願いします。