カテゴリー別アーカイブ: ・企業の悩み

おとな塾の企業からのご相談の事例です

【長考】する人:部下の指導にお困りのかたへ:おとな塾

【長考】する人

社員や部下のお困りごとで
「深く考えないで適当にすまそうとする」
「納得していないのに、納得したふりをする」「返事だけは良い」
「突然、やめると言い出す」「突然、医師の診断書を持ってくる」
「叱られている時に黙っている」「理由を聞いてもすみませんしか言わない」
というご相談があります。

社内の人間関係が良くなかったり、職場環境が良くない場合は、当然の反応です。
しかし
人間関係は良好で、職場環境も良いし、本人(問題の社員)も気分よく仕事をしている
という場合は

会話のテンポや展開が、早すぎるのかもしれません。

物理的に早いかどうか、ではなく
あくまで
その人の考えるスピードに対して早いという意味です。

普段の会話では、問題がないので、本人も気づいていないことが多いのですが
【長考】が必要な人がいます。

長考とは、読んで字のごとく「長く考える」ことです。

1つの質問に対して、かなり時間をかけて考えないと
正確に自分の気持ちや状況を説明できないのです。

長考する人が、短時間で答えを出そうとすると
時間が足りなくて深く考えられておらず
「適当な答」になったり、「納得したふり」になったり
考えをまとめる前に答を迫られて
「黙る」「謝る」しか選択肢がない状態になったり
考えをまとめられず言い出せないまま
「突然」やめる、休むという行動に出たようにみえる
ことがあるのです。

長考の時間について、特に定義や研究結果などはないのですが
私は、1つの質問に対して、
3分以上で「長考傾向あり」5分以上で「長考」10分以上で「かなり長考」
とお伝えしています。
あくまで、この時間は
答えたくなくて黙っている時間ではなく、考えているために黙っている時間です。

普通の会話では、質問の答えを考えるのに5分かける(5分待つ)
ということはあまりないと思います。
しかし
部下や社員の気持ちを聴くときには
答えを急かさず、ゆっくり考える時間を一緒に過ごすことも
トラブル防止に有効かもしれません。

やめさせたくないけど、どうして良いかわからない
そんなときは、おとな塾へご相談くださいませ。⇒ご予約は こちら

よろしければ、Facebookページにも「いいね!」をお願いします。

上司と部下のよくある誤解:いいかげんVS完璧主義

おとな塾へ企業の人事担当や経営者様、管理職の方からのご相談に
部下がいい加減でこまるとのご相談がよくあります。

期限や時間を守らない
予定や面談の約束を簡単にキャンセルする
ルーズだ!無責任だ!いまどきの若者はいい加減だ!
これがゆとりか!?

たしかに、期限や時間を守らないのは
いい加減でルーズな印象を受けますね。
すぐに、予定や約束をキャンセルするのも無責任に感じます。

しかし、本当にルーズでいい加減で無責任だから
期限や時間、約束をまもらないのでしょうか?

上司からの聴き取りだけでは、本当のことはわかりませんが
本人のカウンセリングをすると
実際には、完璧主義で、責任感が強いことがわかることが多いです。

完璧にやりたい、誰より良い仕事をしたいと思う気持ちが強すぎて
提出期限を過ぎてしまったり、次の約束に間に合わなかったりしてしまうようです。

この場合、
本人に期限や時間を守れと強く言うと
すべての仕事が中途半端でいい加減なものになるか
どうしていいかわからずに退職やメンタル不調になることが多いです。

問題を原因から解決するためには
上司と部下との間の【完璧】【責任感】の認識の違いを正し
共通認識を持った後
初めは目標や期限の設定を短く低くして、再発防止をしてください。

問題(期限や時間を守らない)が
原因(ルーズ、責任感がない)とは限りません。
問題はあくまで、原因から引き起こされた結果です。
原因が問題にならないようにする方法はきっとあります。
意外と簡単な方法で解決できることも多いです。

上司も部下も一人で悩まず
問題解決のためのアクションを起こしませんか?
キャリア・カウンセリング、コンサルティングは、大阪天王寺の
おとな塾へお越しください

Photo by Tambako the Jaguar

Photo by Tambako the Jaguar

よろしければ、Facebookページにも「いいね!」をお願いします。

苦情やクーリングオフが多く営業成績も悪い新人営業(金融業)への指導実例

顧客からの苦情やクーリングオフが多く
営業成績も同期の半分以下の新卒営業職員(Aさん)へのキャリア・カウンセリング実例です。

Aさんは
周りからネガティブな目でみられていることについては
自覚しているのですが
苦情やクーリングオフについては自分の責任だと思っていませんでした。

お客様からの苦情やクーリングオフだけでなく
上司や先輩へも無遠慮で礼儀を欠いた行動が多く
お荷物社員となっていました。

問題の背景としては
入社時に、定形のビジネスマナー講座は受講させたが
学校の授業と同じように、お勉強として参加しただけで
「何のためにビジネスマナーが必要なのか」が自分事として
とらえられていないようでした。

学校の勉強と違い
ビジネスマナーは型として覚えるだけでは役に立たないと言うことを
わかっていなかったのです。

そこで
・言葉遣い
・お礼やお詫びのタイミング
・報連相の徹底
の3点に重点を置き、指導しました。

言葉遣いについては
お客様が目の前にいらっしゃらない時でも、敬語を徹底して使わせることで
【お客様=敬意を持って考え、接する対象】という意識を根付かせました。

お礼やお詫びはタイミングを逸してしまうと
逆に感情を害させてしまうことがあります。
適切なタイミングでお礼やお詫びをすることが、大切だと意識づけ、行動を促しました。

報連相についても、
意味のない報告にしないように、タイミングと方法を練習しました。

約1ヶ月の支援の後
ほぼ毎回おこっていた苦情やクーリングオフがゼロになりました。
また
営業成績も支援前の1.5~2倍程度にアップしました。

大仰な講座や長い研修より、適時適切な支援をすることで
お荷物社員がデキる社員になることがあります。
1名1時間5,000円からのおとな塾のマンツーマン講座をぜひご利用くださいませ。

営業成績が悪い職員への研修

営業成績が悪い職員への研修


キャリア・カウンセリング、コンサルティングは、大阪天王寺の
おとな塾へお越しください

よろしければ、Facebookページにも「いいね!」をお願いします。

社内のコミュニケーションがうまくいかないとお悩みの企業(家族経営)での研修:おとな塾

おとな塾で行った家族経営の人間関係改善のための研修講座の実例です。

家族で貿易業を営むA社から
社内のコミュニケーションがうまくいかないとのご相談がありました。
家族だから気兼ねなく何でも言い合えるのかとおもいきや
家族だから言いづらいことが多いそうです。
また
家族だから言わなくてもわかるだろう、わかって欲しいと
思ってしまうことで腹が立つ事も多いそうです。

社会には、いろいろな価値観、いろいろな思いや考えの人がいます。
それくらいのことは、みなさんご存知だとおもいます。
しかし
家族や恋人だと、なんでもわかっているから
「ここまで言えばわかるはず」「次はこうするはず」「こう思うはず」
と思い込んでしまうのです。
その結果、思ったようにいかないと
「やる気がないからだ」「わかってくれない」「裏切られた」
と腹を立てたり、落ち込んだりするのです。

A社で起こっている問題も、これら「◯なはず」という
思い込みから起こっていることが多かったのです。
そこで、
多様性を学ぶことを中心に3回支援を行いました。

1回めの支援は:個別カウンセリング
問題点や、これからの仕事への取組み、姿勢などを個別にお聞きしました。

2回めの支援は:業務分担を明らかにするワーク
普段何気なくやっている業務でも
言語化し共有すると、見えてなかったことが見えてきます。
また
次に取り組みたい業務も共有化することで
新たらしい事業展開がみえてくることもあります。
この回には社長も参加してくださったのですが
従業員の方が社長の業務の多さに
「こんなに業務抱えてたんや!」と驚いていたのが面白かったです。
経営に携わっていない社員が、店長や社長は
「タバコすって新聞読んで、偉そうにしてるだけで楽そう」と
思っていることが多いのです。
これでは社長も報われませんよね(T_T)

業務分担を明らかにするワーク

業務分担を明らかにするワーク


3回めの支援は:コミュニケーションの癖の分析(エゴグラム)
エゴグラムを使用することで
コミュニケーションの癖が簡単に分析できます。
コミュニケーションの癖を理解し、共有することで相互理解が深まります。

社長からは
コミュニケーションに効果が出ている
会話が増えたり、ミーティングを積極的に開いたり
劇的な変化だとおもう、とのお言葉を頂きました。

おとな塾は
ワークや講座、カウンセリングを組み合わせて
貴社の問題が「具体的に」「早期に」解決するようにお手伝いいたします。
お問合せ、お見積りは→
家族経営 同じ方向を向いて

キャリア・カウンセリング、コンサルティングは、大阪天王寺のおとな塾へお越しください

よろしければ、Facebookページにも「いいね!」をお願いします。

エゴグラムで長所発見!ほめいあい講座

就労支援施設で「エゴグラムで長所発見!ほめいあい講座」をさせていただきました。

当該週等支援施設は利用者の障がい内容が多岐にわたっている上に
社会経験が少ない人も多いと伺ったので
選択肢を少なくした簡易Verのエゴグラムを使用し、ワークの時間を長めに取りました。

講座中も休憩時間も終了後も
たくさんの方が積極的に質問や意見をくださって、とても楽しい講座になりました。

受講生の皆様の感想を一部ご紹介します。
「最後まで集中できた」
「自分の長所・短所を発見できた」
「エゴグラフが自分の特徴に当たっているので楽しかった」
「今の状況を把握できてよかった」
「面接で話す内容に活かしていきたい」
「長所・短所のエピソードが思い浮かばなかった」
「履歴書に書けることが増えた」
「自分の短所がズバッと当たったので、今後意識してカバーしていきたい」

支援の方からも
「朝一の講座では、いつもは眠そうな受講生がいるけど、今日は全員楽しそうだった」
とのお言葉をいただきました。

おとな塾のエゴグラムは
対象者に合わせて項目の内容や数、集計方法を変えることで
幅広い年令、経験のかたにご利用いただけます。
自己分析、人間関係改善、コミュニケーションスキルアップ、配置決定にも使える
おとな塾のエゴグラムのお問合せは→

ほめあい エゴグラム
キャリア・カウンセリング、コンサルティングは、大阪天王寺のおとな塾へお越しください。

よろしければ、Facebookページにも「いいね!」をお願いします。