聴覚障がいのある中堅社員の困った問題:すぐに感情的になる

障がい者雇用に熱心な企業からのご相談です。
Aさん(聴覚障がい)は、勤続20年のベテラン社員です。
仕事はルールを守ってしっかりと取り組むので
健聴者の上司からも頼りにされています。

しかし、
Aさんには、少し困った問題があります。

すぐに感情的になるのです。

Aさんは、発声ができる上に声も大きいので
いつも職場にAさんの怒号が響きわたっていました。

Aさんなりに一生懸命仕事をしようと思ってのことなのですが
自分のことだけでなく
周りの人にも「自分ルール」を押し付けるので、周囲との不協和が生じていました。

お仕事の能力は高いAさんですから
上司の方も、ぜひリーダーとしてがんばってほしいと思っていらっしゃいます。
しかし、
すぐに自分勝手に感情的になって怒鳴るAさんには人望がありません。

そこで、
ビジネスマナー研修の段階から
「怒ってもきらわれるだけで、相手は言うことをきいてくれない」
「好かれたほうが、相手は言うことをきいてくれる」
「好かれるためには、まず相手の話を聞くことが大切である」
の3点を繰り返し、説明していきました。
その後、
ステップアップとして
相手の性格に合わせた「ほめかた」や「しかりかた」を学びながら
「仕事の教えかた」を作業マニュアルを作りながら学んでいただきました。

その結果
社内外のかたから「Aさんがすごく変わった!」とのお声をいただきました。

☆同僚より
「Aさんの怒鳴り声が聞こえないから休みかな?と思ったら、相手の話を聞きながら、
静かに丁寧に仕事を教えていた。あっ!休みじゃなかったんだとびっくりすることが最近多い」

☆指導員より
「最近怒鳴ってないし、相手の話も聞いてあげているわ」

☆社外サポーター
「前はいつも怒ってるような感じだったけど、すごくマナーもできて紳士的になった。まるで別人みたい」

まだまだ、ほめるのは上手にできないAさんですが
感情のコントロールと傾聴&教えかたは上手になりました。
今では自分の感情に振り回されて、立場を悪くすることはなくなったようです。
仕事をがんばっているAさんですから、きっと人望も集まるでしょう。

おとな塾では、費用対効果の高い研修をご提供しています。
1、お困りごとに合わせて、研修の順番や内容をカスタマイズします。
2、簡単な言葉の意味までレベルにあわせて丁寧に説明します。
3、イラストやマンガでわかりやすく説明します。
4、ゲームやワークであきずに楽しく勉強します。
5、自分から学ぶ姿勢が身につきます。

まずはお気軽にご相談ください→おとな塾

聴覚障がい者向け研修はおとな塾

聴覚障がい者向け研修はおとな塾

よろしければ、Facebookページにも「いいね!」をお願いします。