聴覚障がいのある中堅社員の困った問題:よく休む 当日欠勤が多い

聴覚障がい者を雇用する企業からのご相談です。
Bさん(聴覚障がい)は、勤続10年以上のベテラン社員です。
コミュニケーションスキルが高く、いつも明るいBさんは
同僚や後輩から大人気です。
健聴の上司より、Bさんを頼りにする後輩も多いくらいで、上司の方も苦笑い。

しかし、
Bさんには、少し困った問題があります。

よく休むのです。

Bさん自身の体調不良の場合もあれば、ご家族が理由の時もあるのですが
多い時期は、週に1度は当日欠勤という多さです。

家族思いは大変良いことなのですが
後輩から慕われる人気者のBさんにお休みされると職場は大変困ります。

コミュニケーションスキルだけでなく、お仕事の能力は高いBさんですから
上司の方も、ぜひリーダーとしてがんばってほしいと思っていらっしゃいます。
しかし、
あまりに休みが多いので、頼りにしにくい状況でした。

そこで、
ビジネスマナー研修の中で
「突然休むのは迷惑」「信頼されない」の2点を繰り返し、説明しました。

しかし、Bさんの休みグセは治りません。
さらに、研修の中で、お休みだけではないBさんの問題点が見えてきました。

Bさんは確かにコミュニケーションスキルは高いのですが
言語力が、意外と低かったのです。

聴覚障がいの方は、スルースキルがとても高いので
わかっていないのに、わかっているように見える時が良くあります。
「わかった?」と聞くと「わかった」と応える。
わかってるかな?と思って待っていると、わかっているよというようにうなずくなど・・・
わかってないのに、わかっていると、こちらが誤解するような態度が多いのです・・・。

Bさんも、同様に、わからないことは上手にスルーして
わかっていないのに、わかっているような態度をとっていました。

しかし、
言語化する必要のあるワークや課題を出すと
あきらかに言語力が低いことがわかりました。
語彙力も文章力も小学校3~4年生程度でしょうか・・・。

コミュニケーションスキルが高く、仕事力も高いので
語彙力や文章力も高いはずと思い込んでいたのですが
実際のレベルがわかり、そのレベルしか理解できていないとの前提で
研修や指導を行うと、お休みが多い理由も見えてきました。

Bさん「かぜで今日は休みます」
指導員「かぜならしかたがないけど、健康管理をちゃんとしなさい」
Bさん「わかりました」

健康管理=病気になったら休む
とBさんは思っていたのです・・・。orz
そこで
健康管理=病気になって仕事を休まないように健康でいることだと説明しました。

その後の研修では
語彙力を上げることとわからないことはその場で確認することを中心に指導しました。

その結果
以前よりは、お休みが減ったそうです。
「でもまだまだ休みが多い!」と上司の方はご不満です。
しかし
語彙力や文章力のレベルが分かったため、今後の指導方法が見えたとのことでした。

まだまだ、お休みの多いBさんですが
わからないことは質問する習慣は確実についています。
きっと今まで以上に頼りにされる存在になれるでしょう。

おとな塾では、費用対効果の高い研修をご提供しています。
1、お困りごとに合わせて、研修の順番や内容をカスタマイズします。
2、簡単な言葉の意味までレベルにあわせて丁寧に説明します。
3、イラストやマンガでわかりやすく説明します。
4、ゲームやワークであきずに楽しく勉強します。
5、自分から学ぶ姿勢が身につきます。

まずはお気軽にご相談ください→おとな塾
聴覚障がい 休みが多い

よろしければ、Facebookページにも「いいね!」をお願いします。