聴覚障がいのある社員の困った問題:コミュニケーションスキルが低い

聴覚障がい者を雇用する企業からのご相談です。
Cさん(聴覚障がい)は、仕事にはまじめに取り組む社員です。

しかし、
Cさんには、少し困った問題があります。

しばしば社員同士でケンカをして、メンタル不調を訴えるのです。

Cさんは親和欲求(仲良くしたいという気持ち)が強く、誰かの役に立ちたいと強く思っています。
それはもう痛々しいほどに・・・。

しかし、言語力も文章力も低いため、
口話だけでなく手話でもコミュニケーションがうまくいかないことが多く
自尊感情が低い状態でした。

そこで、
Cさんと同じ問題がある社員数名と一緒に
コミュニケーション研修を行うことになりました。

研修では、まず3つの約束をしていただきます
1.たくさん質問します
2.わからないのにわかったと言いません
3.覚えるためにノートに書きます

この3つの約束と企業理念を研修のはじめに復唱していただきました。

はじめは、わからないことがあっても質問することが難しかったり
聞き返されるとわかったふりをすることが多くありました。

Cさん「(指差し)は何ですか?」
講師「どこですか?」
Cさん「(指差し)」
講師「○○の言葉の意味?それとも文章の意味かな?」
Cさん「・・・すみません。もう大丈夫です」
こんなやり取りがよくありました。

Cさんはじめ受講生はみなさん、よい大人なので
簡単な言葉の意味や文章の意味がわからないというのは恥ずかしいのです。

そこで研修では、
質問が出るたびにスタンプカードにハンコを押し
「良い質問だ!」「みんなが勉強になりました」「ありがとうございます」とほめました。

すると、次第にみなさん質問すること自体が楽しくなったようで
積極的に質問をするようになりました。
また、
辞書の使いかたを学ぶことで、わからない言葉を自分で調べるという習慣も身につきました。

研修の最後には、毎回宿題を出すのですが
出された宿題と研修の内容を参考に、自主的に勉強をするようになりました。
ノートには、びっしりと辞書で引いた言葉の意味や読んだ本の内容や感想を書いています。
漢字ドリルや算数ドリルなどを、毎日の習慣にしている人もいました。

研修では、正確に話すことや正しい日本語を使うことよりも
わかりやすく話すことと再現しやすい文章に力を入れて指導しました。

聴覚障害だけではなく、身体障害の場合
知的な遅れや発達の偏りに関してのサポートを受けていない場合も多いと思います。
特にご家族が、身体的な障害は受容していても、知的な遅れに対するサポートは必要がないと
思って(思いたくて)特別な支援をお断りになっていることも多いです。

研修に宿題をプラスすることで、ご家族にご理解いただくきっかけになりました。

聴覚障がいの方は、スルースキルがとても高いので
わかっていないのに、わかっているだろうと健聴者には見えることが多いです。

コミュニケーションスキルが低い聴覚障がいの方の場合
実際には、コミュニケーションのスキルが低いのではなく
わかっていないことが多すぎるため、コミュニケーションになってすらいないのです。

口語と手話は違うもの、手話だけでは不足だけど口語だけでも誤解される。
だから
わからないことを質問することがコミュニケーションスキルアップにつながると学び、
実感していただくことでCさんたちのコミュニケーションスキルは確実にアップしていきました。

職場の方からも
「前より、話の内容がわかりやすい」
「言いたいことを言いっ放しにせずに、この言葉で正しいですか?と質問してくるようになった」
「最近メンタル面も安定している」
など嬉しいお声をいただいています。

おとな塾では、費用対効果の高い研修をご提供しています。
1、お困りごとに合わせて、研修の順番や内容をカスタマイズします。
2、簡単な言葉の意味までレベルにあわせて丁寧に説明します。
3、イラストやマンガでわかりやすく説明します。
4、ゲームやワークであきずに楽しく勉強します。
5、自分から学ぶ姿勢が身につきます。

まずはお気軽にご相談ください→おとな塾
フリー2 (1035)

よろしければ、Facebookページにも「いいね!」をお願いします。