布団に入ってから、眠るまでに1時間以上かかるのは、ストレスが原因かも

布団に入ってから、眠るまでに1時間以上かかるのは、ストレスが原因かもしれません。

不眠症(睡眠障害)のうちの入眠困難の可能性があります。
入眠困難とは、寝ようと思って布団に入っても
1時間以上寝付けない状態(寝付きが悪い)が
数週間続くことを言います。

何かのきっかけ=ストレスにより、神経が過敏になっていたり
自律神経がうまく働いていないと寝付きが悪くなります。

寝ようと思えば思うほど、神経が冴えて眠れなくなったり
寝るのが遅くなって、朝寝坊したり、寝不足でミスしたり
ただ眠れないだけでも、がんばる人にとってはとんでもなく負担です。

遠足の前の日や、試験前日、大切なプレゼンの準備期間などに
一時的に眠れない夜を過ごすことはだれでも経験があると思います。
しかし、終わりのある寝つきの悪さではなく
いつまでも続く眠れない夜は、精神的にも辛いですよね。

寝つきを良くするために

・ぬるめのお風呂にゆっくり浸かる
・お風呂上りに軽いストレッチをする
・眠る2時間前から準備をする
・ノンカフェインの温かい飲み物(牛乳やハーブティ)を飲む
・朝起きたら、朝日を浴びるようにする
・休日の寝溜めをしない

以上の方法を試してみてください。

それでも、
寝つけない時には睡眠導入剤を利用するのもひとつの手です。
たかが寝つきが悪いくらいでと思わずに
医療機関にご相談くださいませ。

仕事のストレスが溜まってイライラして眠れないんだよ!という人は、
大阪天王寺のキャリア・カウンセリング、コンサルティング おとな塾へお越しください。

よろしければ、Facebookページにも「いいね!」をお願いします。