心臓がドキドキしたり、息苦しくなったりするのは、ストレスが原因かも

心臓がドキドキしたり、息苦しくなったりするのは、ストレスが原因かもしれません。

自律神経のうち交感神経が過剰に反応している可能性があります。
自律神経は交感神経と副交感神経からなります。
交感神経は、心拍数増加や血圧上昇など、体をアクティブにします。
副交感神経は、その逆で眠ったりリラックスさせたりします。
その体をアクティブにする交感神経が過剰に反応することで
心臓がドキドキしたり、息苦しくなったりすることがあります。

これは不安障害やパニック障害の人によくみられる症状です。
特にインパクトのあるストレスや緊張よりも
自覚もしていないような小さなストレスや緊張の積み重なりにより
発症することがあるようです。

思い当たるストレスがなくても、
体がしんどいよーと訴えているのかもしれません。
深刻な症状になる前に、おとな塾でストレス発散しませんか。

キャリア・カウンセリング、コンサルティングは、大阪天王寺のおとな塾へお越しください。

よろしければ、Facebookページにも「いいね!」をお願いします。