目覚ましが鳴る前に目が覚めるのは、ストレスが原因かも

目覚ましが鳴る前に目が覚めるのは、ストレスが原因かもしれません。

朝が苦手な人にとっては、羨ましい「目覚ましが鳴る前に目が覚める」ですが
これも、
No19遅刻したり、失敗したりする夢を明け方に見てビクッと目が覚める
と同じく過緊張の可能性があります。
過緊張とは、「過度」に「緊張」している状態のことです。

これは、
試験や大事なプレゼン当日に遅刻してはいけないと緊張している時や
遠足や旅行当日に楽しみすぎて早く目が覚めてしまうなどの
一過性の緊張状態とは違います。
また、適正な睡眠時間をとっていることにより自然に目が覚めるのとも違います。
例えば、
6時間睡眠が最適な人が、目覚まし時計のなる時間の丁度6時間前に眠った場合は
気分良く目覚ましの鳴る時間の前に目が覚めることがあります。
これは、普通に良い習慣です。

普通の日、いつもの日常なのに
目覚ましがなる前に「目が覚める」ではなく「目が覚めてしまう」
ことが続くときに過緊張が疑われます。

過緊張は、眠りだけでなく
眠っている間にする歯ぎしりや、そこからくる肩こり、頭痛など
いろいろな症状を引き起こします。

なかなか自覚しにくい過緊張という症状ですが
深刻な身体症状や病気になる前に、リラックスできる環境づくりをしましょう。

何もなくてもかまいません、おとな塾でお話しませんか。
ご家族からのご相談もお待ちしております。

キャリア・カウンセリング、コンサルティングは、大阪天王寺のおとな塾へお越しください。

よろしければ、Facebookページにも「いいね!」をお願いします。