口臭があるのは、ストレスが原因かも

口臭があるのは、ストレスが原因かもしれません。

口臭の原因は
・食べ物(ニンニクや酒、コーヒー)や嗜好品(タバコ)
・口腔内(歯や入れ歯、舌)の問題
・内科的な病気(消化器系や呼吸器系など)
・唾液が少ない
などがあります。

歯の問題からの口臭は、虫歯や歯周病の治療をするか
舌や歯間を清潔にすれば解消するかもしれません。

唾液が少ないことからの口臭は、
水分を多く取ることで解消されることがあります。
唾液が少ない原因は、ストレスであることが多いです。
緊張すると、喉が渇くという経験はありませんか?
緊張状態が長く続くと、唾液の分泌が悪くなり
口臭がひどくなるときがあります。

また【風邪を引き、治りづらいのは、ストレスが原因かも】の記事で
otona06.com/stresscheckbody-22
触れましたが、ストレス強い=緊張状態の時は、水分補給もできていないことが多いです。
意識的に水分を取ることで、口臭が改善するかもしれませんよ。

内的な病気からの口臭は、医療機関に相談してください。
よくわからないストレスは、
大阪天王寺のキャリア・カウンセリング、コンサルティング おとな塾へお越しください。

よろしければ、Facebookページにも「いいね!」をお願いします。