舌が白っぽい、もしくは黄色っぽいのは、ストレスが原因かも

舌が白っぽい、もしくは黄色っぽいのは、ストレスが原因かもしれません。

舌が白っぽい、もしくは黄色っぽいもので覆われているのは
舌苔と呼ばれるものです。

誰しも少しは舌苔がありますが、毎日清潔に保っても舌苔がつきやすい時には
・体調不良(消化器系の不調、風邪、生理など)
・唾液が少ない(加齢、ストレス)
などが考えられます。

舌苔は多くなると、口臭も気になります。【参考記事
自分では気づきにくい症状ですが
ご家族など近い人が口臭に気づくことから
体調不良やストレスを見ぬくことができるかもしれません。

余談ですが、
私はご家族や恋人など大切な人の不調に気づくために
臭いに気をつけて欲しいと思っています。
例えば、トイレの後やおなら、口臭、体臭です。
うんちをした後にあまりに臭い人は、ひどい便秘や大腸の不良が疑われます。
おならも然りです。
おしっこの臭いがおかしい時も、消化器系の不良や糖尿病の可能性があります。
口臭は、内蔵の不調(胃が悪いなど)や歯の不良(歯槽膿漏、歯肉炎など)
過度の緊張状態(ストレス)による唾液の分泌異常の可能性があります。
熱のあるときや、過緊張状態の人の体臭(汗の臭い)もキツくなるようです。
ストレス臭と言ったりします。
特に臭いのキツイものを食べたわけでもないのに
大切な人がくさい時や、いつもと違う臭いの時には、
「ストレス溜まってない?体調悪くない?」と気にかけてあげてください。

舌の異常は、専門の医療機関に相談してください。

よくわからないストレスは
大阪天王寺のキャリア・カウンセリング、コンサルティング おとな塾へお越しください。
ご家族からのご相談もお待ちしております。

よろしければ、Facebookページにも「いいね!」をお願いします。