空腹時、もしくは満腹時に胃や背中が痛いのはストレスが原因かも

空腹時、もしくは満腹時に胃や背中が痛いのはストレスが原因かもしれません。

空腹時、もしくは満腹時に胃や背中が痛いのはストレスが原因の
胃炎、胃潰瘍、十二指腸炎、十二指腸潰瘍の可能性があります。

私の経験談ですが、
営業時代に、激務で休みもなく保険という商品の性質上
大変気をつかって販売と顧客管理をしておりました。
その頃、頻繁に胃痙攣をおこしていたのですが、胃だけでなく背中が痛いのです。
血便もたまにでていたので、胃潰瘍かな?と思ったのですが、全く痩せません。

周りからは「胃癌ちゃうか?」と心配されていましたが
胃癌なのに痩せないなんてあるわけがないと思い
病院にも行かずに過ごしていました。

ある日、ひどい胃痙攣がおこり、倒れてしまいました。
仕事があるのに~と思いながらも、仕方なく病院に行き
胃カメラを飲むと、軽い胃炎+十二指腸潰瘍でした。

ストレスで胃が痛いとよく言いますが、背中が痛いのが、十二指腸潰瘍の特徴です。
十二指腸潰瘍は痩せないことがあるそうです。
また、胃がんでも初期の場合は、痩せるとは限りません。
症状がひどい場合は、病状が悪化する前に医療機関に相談してくださいね。

お仕事のストレスの根本解決は、
大阪天王寺のキャリア・カウンセリング、コンサルティング おとな塾へお越しください。

よろしければ、Facebookページにも「いいね!」をお願いします。