耳鳴りやめまいがよくおこるのは、ストレスが原因かも

耳鳴りやめまいがよくおこるのは、ストレスが原因かもしれません。

ストレスや過労による自律神経の乱れ
もしくは
メニエール病の可能性があります。

メニエール病のめまいは「ぐるぐる回転するような感じ」で
同時に耳鳴りや難聴がおこる、冷や汗や、寒気、動機など
自律神経の乱れもおこることがあります。

メニエール病は
内耳のむくみ(内リンパ水腫)によりおこる と言われていますが
なぜ、内耳のむくみがおこるのかについては、わかっていません。
ストレスや過労が、原因ではないかと言われています。
メニーエル病は、内耳のむくみから
ぐるぐる回転するようなめまいがおこる病気ですが
ストレスからくるフワフワしためまいや、過労からくる立ちくらみでも
「メニエール病」の診断名がつく場合があるようです。

【メニエール病と診断されたがストレスが原因だった事例】
私の知人の60代の女性が
仕事と家事の両立で過労気味(ストレス過多)だった際に
めまいを訴え、病院に行きました。
医師に休養をすすめられ、仕事は休みましたが
その分家事を頑張りすぎてしまうため、症状がまったく改善されませんでした。
そこで、医師は入院をすすめました。
しかし、「過労」という病名はありません。
病名がないと入院はできませんので
「めまい=メニエール病」という診断名をいただいた。

内耳のむくみによるメニエール病であれ
メニエール病という診断名の過労(ストレス)であれ
過労やストレスから自律神経が乱れ
「メニエール病のような症状」を引き起こすということです。
ただの「めまい」と軽く見ず、異常を感じたら「休息」をとり
適時、医師の診断を受けてくださいね。

お仕事のストレス対処や心の休息は、
大阪天王寺のキャリア・カウンセリング、コンサルティング おとな塾へお越しください。

よろしければ、Facebookページにも「いいね!」をお願いします。