自律神経とは?

ストレスからの影響を一番受けやすいのが、自律神経です。

自律神経とは
脊椎動物の末梢神経のひとつです。
意志とは無関係に作用する神経で、
消化器・血管系・内分泌腺・生殖器などの不随意器官の機能を
促進または抑制し調節する。
交感神経と副交感神経とからなる。植物性神経。
(Yahoo!辞書より引用)

簡単に言うと、
状況を判断して、体の機能を動かしてくれる神経です。

例えば、

(状 況)体に熱がこもり、体温が上がった
  ↓
(判 断)汗をかいて、体温を下げよう

(状 況)食事をして、食べ物が胃の中に入ってきた
  ↓
(判 断)胃を動かして、食べ物を消化しよう

(状 況)夜が来て、布団に入る
  ↓
(判 断)睡眠を取ろう

自律神経が乱れると、状況に対して、正しい判断が行えなくなり
体の不調がおきるのです。

ストレスチェック(体調編)の項目にある症状の多くが
自律神経の乱れに関係しています。

自律神経失調症やそれから起こる症状を回避するためにも
ストレスはためないように注意しましょう。

お仕事のストレスは、
大阪天王寺のキャリア カウンセリング コンサルティング おとな塾へご相談ください。

よろしければ、Facebookページにも「いいね!」をお願いします。