タグ別アーカイブ: 新人指導

【長考】する人:部下の指導にお困りのかたへ:おとな塾

【長考】する人

社員や部下のお困りごとで
「深く考えないで適当にすまそうとする」
「納得していないのに、納得したふりをする」「返事だけは良い」
「突然、やめると言い出す」「突然、医師の診断書を持ってくる」
「叱られている時に黙っている」「理由を聞いてもすみませんしか言わない」
というご相談があります。

社内の人間関係が良くなかったり、職場環境が良くない場合は、当然の反応です。
しかし
人間関係は良好で、職場環境も良いし、本人(問題の社員)も気分よく仕事をしている
という場合は

会話のテンポや展開が、早すぎるのかもしれません。

物理的に早いかどうか、ではなく
あくまで
その人の考えるスピードに対して早いという意味です。

普段の会話では、問題がないので、本人も気づいていないことが多いのですが
【長考】が必要な人がいます。

長考とは、読んで字のごとく「長く考える」ことです。

1つの質問に対して、かなり時間をかけて考えないと
正確に自分の気持ちや状況を説明できないのです。

長考する人が、短時間で答えを出そうとすると
時間が足りなくて深く考えられておらず
「適当な答」になったり、「納得したふり」になったり
考えをまとめる前に答を迫られて
「黙る」「謝る」しか選択肢がない状態になったり
考えをまとめられず言い出せないまま
「突然」やめる、休むという行動に出たようにみえる
ことがあるのです。

長考の時間について、特に定義や研究結果などはないのですが
私は、1つの質問に対して、
3分以上で「長考傾向あり」5分以上で「長考」10分以上で「かなり長考」
とお伝えしています。
あくまで、この時間は
答えたくなくて黙っている時間ではなく、考えているために黙っている時間です。

普通の会話では、質問の答えを考えるのに5分かける(5分待つ)
ということはあまりないと思います。
しかし
部下や社員の気持ちを聴くときには
答えを急かさず、ゆっくり考える時間を一緒に過ごすことも
トラブル防止に有効かもしれません。

やめさせたくないけど、どうして良いかわからない
そんなときは、おとな塾へご相談くださいませ。⇒ご予約は こちら

よろしければ、Facebookページにも「いいね!」をお願いします。

新人の指導係をしているんだが、もう限界かもしれない

とんでもない新人の指導を任されたことで
ストレスを抱え
会社を辞めたくなっている人はいらっしゃいませんか?

****
30才を間近に控え、転職回数8回の私が
やっと腰を落ち着けられると思ったのが、今の会社だ。

先輩も上司も社長も、取引先の人さえ
いい人ばかりで、任せてもらえる仕事も多くなった。

やりがいも感じていた頃に、ヤツが現れた。

初日から、ヤツの印象は最悪だった。

結構いい大学をでて、一流商社に勤めていたらしい。
見た目もいわゆる雰囲気イケ面で
愛想もよく感じがいいと私以外の人には評判がいい。
私以外の人には・・・。

私が2年間やっていた仕事の一部を
ヤツに教えるようにと上司に指示されたんだが
初対面の挨拶で
「入社は君が2年先輩だけど、年は同じだからタメ口でいいよね」
と言われた。

まぁ、私も仕事できるほうじゃないし
人に仕事を教えるなんておこがましいので
仲良くできればいいなと思ったんだけど、甘かった。

「教えたことを、その通りやらずミスをする」
「ミスは隠すか、私のせいにする」

「指示した仕事をやらないで、別の仕事をやりだす」
「すべての仕事を中途半端に放っておく」
「ホウレンソウしない」

ひとつひとつ丁寧に教えても、なにひとつまともにできない。

先日も、怒りを抑えてミスを指摘してた時
ヤツの顔を見たら、ニヤニヤしてた。

もしかして、仕事ができないんじゃなくて
仕事というか私をなめてんじゃないの?

先輩や上司に言っても、私以外には愛想がいいので
ヤツの本性や、私の大変さはわかってもらえない。

もうヤツが辞めないなら、
私が辞めるしかないというところまで追い詰められている。
****

これは、
あるアラサー女性の証言をもとにした フィクションです。

仕事が(結果的に)できないより
仕事を(まともに)しないことのほうが
腹が立ちますよね。

わかります。
本当に腹が立ちます(‐盆ー)
眉毛ツルツルに剃ったろか?!(#゜Д゜)ゴルァ!!と思います。

お気持ちはわかります。

しかし、
あなた自身が感情的になってしまうと
正常な判断ができず、あなただけが損をすることになります。

とんでも新人に惑わされず、粛々と仕事をしましょう。

と、言ってもストレスがたまりすぎると思いますので
感情を交えず、指導に困っている事実は
上司にきっちり伝えましょう。

言葉だけで伝えようとすると、どしても感情が混じりますので
一度、文字にすることをお勧めします。

ヤツからの暴言や責任転嫁があるようなら
まとめてではなく、逐一報連相しましょう。
結果だけではなく、指示もすべてです。

あなたが悪いわけでもないし
上司でもないのにヤツに対して
過剰な責任を負う必要はありません

与えられた職務を全うすることは大切ですが
その職務がうまくいっていない以上
ベストを尽くした後は、
自分の身を守ることを大切にしてくださいね。

教え方に自信がないなら、おとな塾へご相談ください。

Photo by Jack Batchelor

Photo by Jack Batchelor


キャリア・カウンセリング、コンサルティングは、大阪天王寺のおとな塾へお越しください

よろしければ、Facebookページにも「いいね!」をお願いします。