タグ別アーカイブ: 転職

転職相談:お客様の声:おとな塾

個人のお客様から頂いた声の中から、
ご許可を頂いたものを公開します。
(個人情報などは編集しております)

*****受講者の声*****
【転職相談:30代後半】
カウンセリングいただいたおかげで、
いつも程に緊張せず、二次面接を乗り切ることができました。
先日、希望していた転職先より内定通知がありました。
ミネ先生に心より感謝いたしております。

【転職相談:20代】
なんとなく感じていた不安や問題を先生に言葉にしていただけたおかげで、
はっきり自覚ができました。
また、自分の短所だと思っていたことを、
ポジティブに表現すれば長所になると言っていただけて、うれしかったです。
すごく真剣に話を聞いてくれて、とても話しやすかったです。

【転職相談:40代】
なにか1個くらいあればいいかなくらいの気持ちで相談にきたが、
話しているうちにどんどん聞きたいことが増えて
時間がまったく足りなかった。
自分でやってみて困ったらまた予約します。

**************ありがとうございました。

おとな塾の転職相談は、
実際に転職活動をするだけでなく
「転職するってどうだろう?」
「将来のことを考えたら、転職するべき?」
と迷っておられるかたにも、効果があります。

「転職成功」も「転職しないで今の仕事をがんばる」も
あなたの幸せ中心で、一緒に考えましょう。→ご予約


photo by cruelnovember

よろしければ、Facebookページにも「いいね!」をお願いします。

40代男性、異業種の未経験職種で採用 :キャリア・カウンセリングおとな塾

おとな塾のキャリア・カウンセリング成功事例です。
現在お勤めの会社の経営方針とあわないため転職を希望する
40代の男性(Aさん)が、異業種の未経験職種で採用されました。

「内定がでた」とご連絡をいただくまでの期間は、12日間。
支援内容は、対面相談2回、メール相談1回です。

初回面談では、
エントリーの段階でつまづき、面接に進めないとのご相談でした。

ミネが感じたAさんの転職活動がうまく行かない理由は
「応募先の選定にあたって、自己理解と職業理解ができていない」
「職務経歴書がまっくろくろすけ」の2点でした。

真面目で一生懸命な人に多いのですが
すべて正確にちゃんと書き込もうとして
でも、2ページ程度に納めようとして、がんばった結果
非常に読みづらい職務経歴書を作ってしまうのです。

遠目に見ると真っ黒にみえる職務経歴書
=まっくろくろすけな職務経歴書です。

そこで
初回のキャリア・カウンセリングの流れとして
まず
Aさんの希望や達成したいこと、モチベーションの核となる部分を
しっかりとお聴きしました。(自己分析)
その後
応募先の選定のしかたとレクチャーしました。(職業理解)
さらに
職務経歴書を見やすくする方法をお教えしました。

すると
立て続けに書類選考が通り、面接の予定が多数入ったと
Aさんからご連絡がありました。

そこで、2回めのキャリア・カウンセリングでは
面接の受け答えを面接官目線で組み立てました。

その後、メール相談で
第一希望の面接の前に、志望動機などの見直しを行いました。

メール相談の2日後、「内定がでた」とご連絡をいただきました。

Aさんの転職成功の決め手は
【ご自分の経歴のストーリーに気づいた】ことです。
素晴らしい経歴をお持ちのAさんなのですが
一見、場当たり的に見えるご自分の経歴に自信が持てず、
そのせいで自分の選択や感情にさえも確信が持てずにいるようでした。

自分の職務経歴を社歴としてだけ見るのではなく
自分がどんな選択をしながら、経験を積み重ねて来たのかという視点で見直してみると、
かならずそこにあなたというストーリーが存在します。

これまでのストーリーを、これからも続けていくための仕事と考えれば
応募すべき、応募したい案件がきっと見つかります。
また、
1つのまとまりあるストーリーは、自信を持って語れますし
面接官に違和感を抱かせることも少なくなります。

自己分析や職業理解は学生だけがするものと思っていませんか?

実は「自分が何をしたいのか」「どんなことにやりがいを感じるのか」
がわかっていない人は、年齢にかかわらずとても多いのです。
また、自分の会社で自分がしていた仕事はよくわかっているが
職種や業界として捉えたときに、職業理解が足りない人も多いです。
むしろ、
高年齢ほど「わかっているようでわかっていない人」は増える気がします。

いまさら・・・と思わずに、自己分析と職業理解をいたしましょう。

Aさんに、おとな塾のキャリア・カウンセリングについての
アンケートにお答えいただきました。

***本人の許可を得て、原文ママ転載***
Q①
おとな塾のサービスはお役に立ちましたか?
A①
とても役に立った

Q②
おとな塾でサービスをご利用いただいたことで良かったことはありますか?
A②
自分自身のことを客観的に見ていただき、ネガティブで落ち込んでいる私の話を聞いてもらい、
励ましてもらった事。
キャリアチャンジするに当たっての考え方。

Q③
おとな塾のアドバイスで印象に残っている(役に立った)ものを教えてください。
A③
面接の際に答える時の退職理由の考え方(入社理由と退社理由をセットに考える)
志望動機の考え方
職務経歴書の記入方法

Q③
また機会があれば、利用したいと思いますか?理由もお聞かせくださいませ。
A③
ぜひ使いたい。
自分自身のことを客観的に見ていただき、落ち込んでいる私を励ましてもらえた。
転職活動で行き詰ってきたら、また利用したい。

Q③
今後、おとな塾に期待するサービスは何ですか?
A③
転職支援、会社に入ってからの定着支援

Q③
おとな塾のサービスを誰かにすすめるとしたら、どんな人にススメたいですか?
A③
転職活動で行き詰っている方
物事をネガティブに考えてしまっている方

******以上転載終わり******

がんばっているのに就職が決まらないとき、どうがんばっていいのかわからないときは、
大阪天王寺のキャリア・カウンセリング、コンサルティング おとな塾へお越しください。
一緒に考えましょう。→ご予約はこちらから

Photo by Jack Batchelor

よろしければ、Facebookページにも「いいね!」をお願いします。

自分が悪くても素直に謝れないせいで転職を繰り返してしまう

おとな塾へキャリア・カウンセリングにお越しになった
Aさんの事例です。

20代のAさんは2年間で3回転職をしています。
高学歴で、愛想がいい…と言うよりは調子がいいAさんは
すぐに採用は決まります。
しかし入社後、上司や先輩に叱られたり
注意されると、ついつい不機嫌な顔をしたり
逆ギレして口答えしてしまうのです。
その結果、
会社に居づらい程、人間関係を悪くしてしまうのです。

Aさんが言う謝れない理由は
「僕が悪いんだけど、謝って済む問題じゃないと思うし
 それに僕が悪いにしても、言い方ってあるじゃないですか
 社会人なんだから、丁寧な言葉で指摘してほしいんですよね」

まぁ、要約すると
謝りたくないという僕の気持ちを汲んで
やさしくしてくれないから、謝りたくない。
ということのようです。
Aさんのように「素直に謝れない人」はいますか?

素直に謝れないのは、なぜなのでしょうか?
・謝ると自分が悪いと認めることになるから?
・謝罪に対して、償いをする責任を負うのがこわいから?
・謝ると、相手に負ける気がするから?
・自分だけが悪いわけじゃないから?
・謝ってすむ問題じゃないと思うから?
人それぞれ、場面ごとに、いろいろな理由があるのでしょう。
たしかに
自分のミスを認めるのは勇気がいりますよね。
ミスを認め、素直に謝るほうが簡単で
後の人間関係もスムーズだと十分わかっていても…。

素直に謝れない理由によって、改善すべき点や方法は
変わります。
しかし、理由がなんであれ
心の中に澱(ストレス)がたまっていると
臭気(嫌な態度)が発生するのは同じです。
まずは、
自分のストレスを吐き出し
コンプレックスを解消しましょう。
「素直に謝らない新人」にお困りの上司の方も
まず、
ストレス発散してから、指導方法を一緒に考えませんか?

「素直に謝れない」で困ったら、
大阪天王寺のキャリア・カウンセリング、コンサルティング おとな塾へお越しください。
→ご予約はこちらから

素直に謝れない

よろしければ、Facebookページにも「いいね!」をお願いします。

面接が怖いという30代女性が一般事務職で採用:キャリア・カウンセリング おとな塾

おとな塾のキャリア・カウンセリング成功事例です。
現在お勤めの会社の経営状態が悪く転職を検討しているとお越しになった
アラサー女性(Aさん)が、一般事務職で採用されました。
待遇は、前職より良くなり月給も2~3万円UPしました。

転職を検討していると言いながらもAさんは、
【面接が怖い】からと、なかなか転職活動に取りかかれないようでした。
そこで、まず履歴書・職務経歴書を作りながら
心の準備をしましょうと言うことになりました。

3回のカウンセリングで履歴書と職務経歴書が完成した後
次は模擬面接しましょうとお約束していたのですが、
2週間ほどAさんのご予約がありませんでした。

お盆前でお忙しいのかと思っていたところ
「内定がでた」とご連絡をいただきました。
転職支援が始まってから、面談回数は3回です。

キャリア・カウンセリングの流れは
Aさんが、ご自身の経験をネガティブな感じで話したり書いたりしたものを
ミネが、ポジティブに言い換えたり、書き換えたりするというものです。

Aさんの転職成功の決め手は【ご自分の経歴に自信を持った】ことです。
それまでご自分の経歴に自身が持てず面接が怖かったAさんですが
出来上がった履歴書・職務経歴書を眺めながら
「これだったら、見てくださいって自信をもってだせるな」
と思ったそうです。
そこで、早速応募し、約2週間でのスピード転職を成功させました。

職務経歴書をポジティブな表現で書き換えることで
「見せたくなる職務経歴書」を作ることができたのです。

職務経歴書にはポジティブな表現を使っていますか?
実は、職務経歴書や面接での受け答えがネガティブで構成されている人は
とても多いのです。
就職・転職の準備がポジティブにできていないと、就職は決まりにくいです。
過去は変えられませんが、表現は変えられます。
ネガティブな表現に縛られず、ポジティブな表現を使いましょう。
Aさんに、おとな塾のキャリア・カウンセリングについての
アンケートにお答えいただきました。
***本人の許可を得て、原文ママ転載***
Q①
  カウンセリング施設がたくさんありますが、その中で
  「おとな塾」をお選びいただいたのはなぜですか?
A①
 「職業カウンセリング」「大阪」で検索した時にトップに出てきたので。

Q②
  おとな塾でサービスをご利用いただいたことで良かったことはありますか?
A②
 ハローワークで相談に乗ってもらうより、はるかに説得力のあるお話をしてもらえた。
 職務経歴書の添削をしてもらったことで、すごく前向きな気持ちになり、
 すぐに面接→内定をいただけた。
 ミネさんに相談することでモヤモヤとしていたものや、問題点が明確になり、
 すっきりできた。
 ミネさんの明るい笑顔に癒やされました。

Q③
  おとな塾のサービスを誰かにすすめるとしたら、どんな人にススメたいですか?
A③
 転職活動で悩んでいる人に、ぜひおすすめします!

******以上転載終わり******

がんばっているのに就職が決まらないとき、どうがんばっていいのかわからないときは、
大阪天王寺のキャリア・カウンセリング、コンサルティング おとな塾へお越しください。
一緒に考えましょう。→ご予約はこちらから

面接が怖いという30代女性が一般事務職で採用

面接が怖いという30代女性が一般事務職で採用

よろしければ、Facebookページにも「いいね!」をお願いします。

40代50代の転職を成功させるために改めるべき3つの特徴

おとな塾は、少人数制の研修講座だけでなく
40代50代の長期失業者の就職支援を得意としています。

不安定な時代ですから、若い人でも転職の不安はあると思いますが
40代を超えるとその不安は一層高まります。

おとな塾へも40代50代でも転職か可能だろうか…と不安になって
キャリア・カウンセリングにお越しになる方が多いです。
私は、年齢にかかわらず転職は可能だと思います
実際、40歳でも50歳でも転職を成功させている人は多いです。

ただ
どれだけすばらしいご経験があっても
転職活動や転職後の定着に苦労される人はいます。
スキルも経験も資格もあるのに
転職や転職後に苦労する人の特徴は、大きくわけて3点です

1:前職の癖が抜けない
仕事のやりかただけでなく、人間関係でも前職の癖がでることがあります。
たとえば
面接に伺った際に、
役付の年配の男性には丁寧に腰も低く対応するが
若い女性事務員には横柄な態度で接する。
前職では、
若い女性事務員を何人も【使って】いたかもしれません。
しかし、面接では若い女性事務員は選考する側
あなたは選考される側です。
前職で【使って】いた若い女の子とは番う立場の人なのです。
それを心に留めて活動できない人は
転職活動も、転職後の定着にも苦労します。

2:上司や会社が怖い
面接中や採用後の仕事中に「また不当な扱いを受けるのではないか?」
と恐怖に心を支配されてしまう。
前職をパワハラまがいの退職勧奨や非道な解雇
不本意なリストラで退職された人に多いです。
前の会社で、ひどい目にあったからといって
あなたの人生がすべてひどいものに塗り替えられて
しまったわけではありません。
上司も会社も怖いものではありません
新しい会社には新しい仕事内容と新しい人間関係があります。
いやな古い記憶は捨てて
気持ちの良い会社生活を新たに始めましょう。

3:前の会社に未練がある
あなたが前の会社で磨いたスキルも発揮した実力も
すべてすばらしいものです。
しかし
会社が違えばセールスポイントも変わります。
職種が違えば、求められるスキルも変わります。
同じ業界でも、まったく同じ会社はありません。
ましてや、業界や職種が違うと
すべてが変わってしまうといっても過言ではありません。
面接でアピールするのは
過去(前職)の経験を、現在(新しい会社)でどのように発揮するかであり
現在(新しい会社)で過去(前職)の経験を追体験することではありません。
心の焦点は、いつも新しい会社=現在にむけていてください。
経験やスキルではなく、今のあなたが感じていることや行動が
転職の妨げになっていることがあります。

おとな塾は
1年以上失業状態が続いている40代50代の人の転職が成功するのを
たくさん見てきました。
過去と他人は変えられませんが、自分と現在、ひいては未来は変えられます。
今を変えるだけで、転職がうまくいくことはとても多いのです。

辛い過去の清算はおとな塾へご相談ください→おとな塾
10408769_329372997217791_7268697835607445090_n

キャリア・カウンセリング、コンサルティングは、大阪天王寺の
おとな塾へお越しください

よろしければ、Facebookページにも「いいね!」をお願いします。