おとな塾では、聴覚障がいをもつ社員のための研修を行っております。
福祉や支援の目線だけでなく、
企業目線で貴社の「困った」に効き目のある研修をご提供します。

trouble
☆社会人としてのビジネスマナーがなっていない
☆「わかった?」と聞くと「わかった」と答えるのに、全然わかってない。
☆メールの文章や言葉がめちゃくちゃで、意味がわからない。
☆手話でも筆談でもコミュニケーションが取れない
☆当日欠勤や遅刻が多い・メンタル不調が多い
☆スキルアップをさせたいが、聴覚障害に対応した研修が見つからない


対象 : 全従業員
概要 : 社会人としての基礎力を身につけるための研修です。
内容 :
「社会人と学生がどこが違うの?」「メールの書きかた」「報連相のやりかた」
「SNSの使いかた」など、ビジネスマナーの基本からわかりやすく研修します。
特徴:
正確に伝えるために、手話を使わず、口話と筆談とイラストを使って行います。
言語化することの大切さを学んでいただけます。
重複障がいのあるかたや、ボーダーラインのかたにも、わかりやすい工夫を凝らした内容です。
知的な遅れのないかたには、今後指導する側になっていただく基礎にもなる内容です。
成果:
・健聴者との言葉でのコミュニケーションが活性化しました。
・メールの文章がわかりやすくなりました。
・話した内容が伝わっているかを意識して話せるようになりました。
・聞き返された時に「健聴者だから」「手話じゃないから」とあきらめず、
自分の話しかたが良くなかったと反省するようになりました。
・勉強するって意外と楽しい!とほとんどの方がステップアップ研修を希望しました。


対象 : 中堅社員、リーダー候補生
概要 : 後輩や部下を育成する心構えと技術を身につけるための研修です。
内容 :
「エゴグラムによる自己分析と他己分析」「話の聴きかた」「質問のしかた」「論理的思考」
「ほめかたとしかりかた」「仕事の教えかた」など、
リーダーとしての心構えとテクニックをわかりやすく研修します。
特徴:
気持ちの良い組織作りのために、正しい言葉遣いと表現方法を学んでいただけます。
カウンセリングやコーチングのスキルを使うことで
共感力や怒りのコントロール(アンガー・マネジメント)にも効果のある内容です。
成果:
・先輩としての自覚が芽生え、遅刻欠勤が少なくなりました。
・怒る前に相手の話をしっかり聴くようになりました。
・相手を責めるのではなく、自分の説明のしかたを工夫するようになりました。
・辞書を引いたり、質問することで、誤解や勘違いを防ぐ努力をするようになりました。


対象 : 特別な支援が必要なかた
概要 : コミュニケーションに困難さがあるかたに、日本語の基礎からわかりやすく研修します。
内容 :
「辞書の使いかた」「口話と手話の違い」「わかりやすい説明のしかた」
「気持ちの表現のしかた」など、誤解や勘違いを防ぐ方法をわかりやすく研修します。
特徴:
受講者があきずに楽しく学び続けられる工夫をしています。
また、発達課題や言語レベルがわかるゲームやワークをたくさん実施します。
課題やレベルが客観的にわかるため職場で必要なサポートだけでなく、
ご家族の理解を得る助けになります。
成果:
・言葉の意味がわからない時は、辞書で確認するようになりました。
・わかりやすい文章を書けるようになりました。
・コミュニケーションスキルがアップし、社員同士の揉め事がなくなりました。
・メンタル不調による欠勤が少なくなりました。
・自宅でも、勉強するようになりました。
・ご家族と一緒に課題に取り組むことができました。

相談事例

しばしばメンタル不調で欠勤する
聴覚障害のある社員は、コミュニケーションスキルが低いようで
しばしば社員同士でケンカをしては、メンタル不調になってしまう。
健聴者とだけなら、手話が下手だからかな?とも思うのだが
聴覚同士でも、かわらず、コミュニケーションが取れていないように感じる。
口話も手話も筆談もダメ。一体何が原因なのか・・・・。
休みが多く、約束を守らない。
仕事はしっかりやるし、社内ルールもしっかり守る。
でも、休みが多いし、プライベートな約束は守らない。
注意すると、反省はするようなんだけど、一向に改善しない。
障害があるからしかたがないのか、甘えているのか・・・。
もう少し、周りのことも考えてくれれば
リーダーとして登用したいと思うのだが・・・
企業さま、個人さまに関わらず、お仕事に関するお困りごとは、お仕事カウンセリング おとな塾まで お気軽にご相談ください。

/>

 

よろしければ、Facebookページにも「いいね!」をお願いします。